(#150)乗ったぜ!

俺は乗らないライダー!
No Run! Night-Rider!!
だけど、乗ったぜ、ある敷地内でな。
それは、HMSってところだぜライダー!

hrs.jpg

和光のレインボーモータースクールで、芝居が終わった一週間後の日曜日に「講習を受ける」という形で、バイクに乗ろうと決意したのが数か月前。その予約をしたのが一か月前。

芝居が終わってみるといろいろとやらねばならぬことがあって、意外とわくわくする時間もないまま、当日になってしまった。
暑いのに長袖長ズボン。そして当然プロテクターを全部装備して初心者講習なるものを受講。

なかには、「15年ぶりに乗ります」という人もいる。僕は、中型をとったあとに一度、そう2014年1月に来たことがある。そのときはSF400に乗って「なんて扱いやすいんだ!」と初めて買ったバイク「グラストラッカー」との違いを痛感して感動した覚えがある。そして「大型自動二輪免許」取得を決意して「ヒネミの商人」の稽古中に取得した。

一年数か月ぶりに来たHMSに、緊張はしないものの、とはいえ「初めてである」ことに変わりはない。大型バイクで受講したいと希望を出しておいたのだ。
バイクの講習は各地でやってるけど、たいていは「自車持ち込み」。だが、そうなるとどどんが的には無理。乗れないからね。いや、乗れるんだけどね。前歴0に戻すためには乗っちゃダメ。ってことで、調べたらホンダのこのスクールぐらいしかない。

そして、バイクの希望を出す。俺は「CB1100」というおっさんバイクにした。乗れるかなぁなんてドキドキした部分はあるものの、乗ってみると「あら、足つきはMT-09よりいーじゃん!」でも「重いね」でも「運転のしやすさはさすがホンダね」って感じ。

ただ、やはり244キロあるとなると、取り回しが絶対に嫌だ。
数年前に熟年ライダー、リターンライダーが一気に増殖したときに、「夢の大型!」とばかりにみんなリッターバイクを購入したものの、取り回しが面倒ですぐに売ってしまうという人がこれまた増殖。

シベリアンハスキーブームに「あの犬ばかだから」とすぐに捨ててしまうあの一時的な悲しいムーブメントと似ている。

そこからさらに一周まわって、僕が免許とったあとは「軽い大型バイク」が群雄割拠。なんとありがたい。その白眉ともいうべき「MT-09」を購入したので、足つきは少し悪いけど(足が短いからね、俺)、取り回しはとても楽ちん。女なら楽マンっていうことになる。両性具有の人には楽フタナリってことになる。

すげー、素敵なバイクであることを改めて認識した。あ、MTの話。
CB1100は、いいですよ、落ち着いて乗るおっさんバイクとしては。いいと思うよ。たたずまいもコンセプトもね。ただ遅いし、眠たいし重いし、んもー。と30分乗っただけで、食い足りなくなってしまった。変なバイク!とな。こうやって、他を乗ることで改めてMT-09の扱いやすさ、快適さ、アクティブさを再認識。早く乗りたいなぁ、MTに。と改めて思う日曜日でした。

でも、久しぶりにバイクに乗ったというだけで楽しかったですよ。本当に。ああ、よかった。
ただ、うーん、CB1100は。なんというか。そのぉ、MT-09は900弱なのにそっちのほうが威勢が良くて。あ、そっか。ツーリングに出たり、高速乗ったら安定性が全然違うのかな。そういうバイクなのかな。え。でもツアラーじゃないよね。ネイキッドでしょ?なんだかなぁ。あ、いや、いいんです。SF400は本当にすごいと思うけど、1100はそうでもないと思った僕でした。正直、がっかり。でも、重いのを除けば、おっさんにはいいんだろうなあ。奥さんも安心でしょう。あんなに安全な大型バイクならば。

というわけで、HMS行ったわりに、感動が少ないどどんがでした。
そして遅ればせながら、儀式しました。その様子はこちら。↓

俺、生まれ変わったら風になる